Tag:wordpress

1月

前に途中まで書いていた記事をようやく公開。(twitter の書き込みを見ると 2010年10月ごろか)

WordPress はユーザ数が多いだけに、必要なものはたいていプラグインとして用意されている非常に使いやすいCMSだと思いますが、毎回動的にしかページを作れないという点にはちょっと不満を持っていました。

nginx や Vernish などのプロキシサーバを別に立ててキャッシュさせる方法を試そうと思っていたのですが、はまりポイントが多いらしく躊躇していました。そんな時に Really Static というプラグインを見つけたときから、今回の話は始まります。

Really Static プラグインの問題点

Really Static プラグインは、ブログの記事の HTML を PHP の curl 関数でダウンロードして static フォルダの中に置いておき、それ以降は PHP で動的に HTML を作るのではなく、静的な HTML ファイルを返す、といった事をしてくれるプラグインです。ちょうど、Ruby on Rails のページキャッシュみたいなイメージですね。

インストールも設定も難しくなく、HTML のダウンロードも WP-cron で少しずつ行われるため、完全に WordPress 内に閉じた環境で実現できるすぐれたプラグインだと思いますが、(私にとっては)ひとつだけ大きな欠点がありました。

Read More

8月

以前の記事にもある通り、このブログではスタイルシートや画像、JavaScript ファイルなどの静的ファイルを Amazon S3 に置いて、Amazon CloudFront から配信しています。

URLの切替には自作のプラグインを使っています。記事にした当時は stylesheet_uri と template_directory_uri の置き換えをするだけのものでしたが、今は WP_PLUGIN_URL も置換えて、プラグインが追加するスタイルや画像も CloudFront から配信しています。

ここまではわりと簡単に実装できていたのですが、メディアライブラリ(uploads ディレクトリ)に置いた画像ファイルは記事の中身を書き換える必要があるため、なかなか手を出せずに1年くらい放置していましたが、最近、WordPress Amazon S3 Plugin というものがあるのを知り、さっそく試してみました。

Read More

5月

以前のエントリで WordPress のオブジェクトキャッシュを XCache の保存する方法について書きましたが、その後問題が発生したのでメモ。

複数の WordPress を1つのホストで稼働させる際に XCache Object Cache Plugin for WordPress 2.5+ を使用すると、オブジェクトキャッシュが混ざってしまうようです。

Read More

4月

last.fm

このブログは今のところ自宅に置いてあるサーバで運用しています。
手直にあるので管理は簡単なのですが、自宅の回線はアップストリームの帯域幅が大きくないので、ページを表示するさいの画像読み込みの遅延が以前から気になっていました。

このサイトでは以下のように nginx を設定することで、可能な限り静的なコンテンツの使用する帯域幅を小さくしようとしていますが、それでもファイル転送量のほとんどは画像ファイルになっています。

location / {
    if (-f $request_filename) {
        expires 30d;
        break;
    }
}
location ~* ^.+\.(html|css|txt|tar|bmp|rtf|js)$ {
    gzip_static on;
    expires 30d;
}

以前から画像を外部のサイトに置いて転送負荷を減らそうと考え、一部の画像をflickrに置いたりしていますが、これはという解決策がありませんでした。

最近、仕事関係で Amazon のウェブサービスについて調べていてAmazon CloudFrontというサービスがあるのを知り、WordPress のテーマの画像を置いてみたらどうなるのかを調べてみました。

Read More

1 / 3123