Category:Mac OS X

8月

AirMac Extreme に買い替えてみた

自宅でルーターとして使っていた安物の無線LAN AP の調子が悪く、頻繁に落ちるようになったので、新しい物に買い替えました。

EAP-TLS の実験もしたかったので、今回は AirMac Extreme にしてみました。

AirMac Extreme はアップル製だけあって設定は簡単で、802.1X EAP-TLS で認証をさせても安定しているようです。それはいいのですが。。。

困った事

アップルの製品は設定が簡単でいいのですが、設定項目が少なく、アップルの想定している使い方からちょっとでも外れるとどうにも出来なくなる事があります。

今回も2点ほど困った点があったので、メモしておきます。

  1. ローカル側のIPアドレスが変更できない。

    AirMac Extreme をルーターとして使用する場合、ローカル側の IPアドレスが 192.168.0.1 のように末尾が 1 に固定されていて、変更することができません。
    ローカルのIPアドレスを設定できないネットワーク機器なんてあるはずないと思い、方法を探してみましたが、解決策は無いようでした。

    うちのネットワークは、これまで 192.168.0.254 のように 254 で終わるアドレスをデフォルトゲートウェイにしていたので、このアドレスが変わると固定アドレスを持っているたくさんのサーバーたちの設定も変更する必要が出てきてめんどくさいんですよね。

    しかたないので、常時起動している Linux に 254 のアドレスを割り当てて、ICMP redirect で正しいデフォルトゲートウェイのアドレスを通知するようにしました。(ついでにキャッシュ用のネームサーバーも立てました。)

    最初は OpenSolaris に ICMP redirect を投げさせようとしたんですが、なぜか出来なかった。。。

  2. ftp のポートマッピング(NAT)で標準以外のポートを使えない

    他の人とデータのやり取りをする為に ftp サーバーを立てていますが、標準のポートで起動させておくと勝手にログインしてこようとする人たちがたくさんいます。パスワードとログの管理がめんどくさいので、これまではルーターで標準以外の別のポートから NAT させていました。

    AirMac Extreme でも同様の設定をしてみたのですが、接続できません。

    アップルのフォーラムでも同様に困っている人はたくさんいるのですが、やはり解決策は無いようでした。

    いろいろと試してみた結果をまとめると

    • ftp 以外の NAT は予想した通りに動作する。
    • プライベートTCPポートを 21 にして、パブリックTCPポートが21以外だと、ルータで止められる。
    • プライベートポート、パブリックポートの双方を 21にすると接続できるようになる。
      ただし、FTP のデータポートを正しく扱えなくなるので、実質的に使えない。

余談その1

実験中に OpenSolaris で動かしている ftpサーバーのポートを変えようとしたが、inetadm ではポートを変更する方法がなかった。。。

しかたがないので、/etc/services を修正して対応。。。

余談その2

Mac OS X 10.7 Lion で EAP を使う場合の設定方法がものすごくシンプルになりました。

どこかで見た事あるなぁ、と思ったら iOS と同じになったみたいです。

1月

Snow Leopard で隠しファイルを表示するショートカット

Mac OS X の Finder では先頭が ‘.'(ドット) で始まるファイル名や不可視属性の着いているファイルは表示されませんが、これらの隠しファイルを「開く/保存」ダイアログで表示するショートカットが Snow Leopard で追加されました。

「Command」キー+「Shift」キー+「 . 」(ピリオド)

補足:ファイルの不可視属性の設定方法

これだけだと短すぎるので、不可視属性の設定方法もメモ

SetFile -a V filename

逆に不可視ファイルを表示させるには V を v にします。

6月

Snow Leopard でNICにIP aliasを設定する方法のメモ。

IP alias の追加

sudo ifconfig en0 alias 192.168.0.1 255.255.255.0

IP alias の削除

sudo ifconfig en0 -alias 192.168.0.1

ついでに Linux と OpenSolari での設定方法もメモ。

Read More

1月

昨年の後半は、勤めていた会社の経営が傾いたのをきっかけに、退職して新しい会社の立ち上げに参加したり、自分自身も引越しをしたりと、なかなかブログを更新する時間が取れませんでした。新年になり、ようやく全てが落ち着いてきました。

仕事のほうも、しばらくは自宅で開発作業を行うので、今までよりはブログに時間をかけられるんじゃないかなぁ。

自宅に仕事の環境を整えるために、年末年始は4台のPC(PCサーバ2台を含む)のセットアップを行っていました。4台といっても中身は Xen, Solaris Zone, VirtualBox で仮想化してるので時間はかかりました。

OpenSolaris でファイルサーバを作ったので、MacBook の開発環境のバックアップも定期的にそちらに残そうとcrontab -eで編集して保存したところ、意外なエラーが帰ってきました。

crontab: temp file must be edited in place

これまでも Mac で crontab の編集は行っていましたが、エラーになったのは初めてです。

Read More

1 / 212