Tag:nginx

2月

nginxの新しいバージョン(0.7.65)がリリースされていたので,バージョンアップしてみました。

しばらく前に見つかっていたSSLの脆弱製の実験をやろうと、久しぶりに SSL を有効にしたバイナリを作ろうとしたのですが,オプションの設定の仕方を忘れていて苦労しました。また、忘れても大丈夫なようにメモ。

OpenSolaris 2009.06 に含まれるOpenSSLは 0.9.8a と古いので、現時点での最新バージョンであるopenssl-0.9.8lをダウンロードしてきて使いました。今回はSNI(Server Name Indication)を有効にしたいのでenable-tlsextオプションを渡しています。

./config --prefix=/usr/local no-shared enable-tlsext
make
pfexec make install

これだけでもビルドは出来るのですが,OpenSolaris 2009.06 のデフォルトの GCC 3.2.3 ではなく新しい /usr/bin/gcc-4.3.2 を使いたいので,少し手を入れています。

export CC=/usr/bin/gcc-4.3.2
export CFLAGS='-DOPENSSL_THREADS -D_REENTRANT -DDSO_DLFCN -DHAVE_DLFCN_H -m64 -march=native -O3 -Wall -DL_ENDIAN -DMD32_REG_T=int -DOPENSSL_BN_ASM_MONT -DSHA1_ASM -DSHA256_ASM -DSHA512_ASM -DMD5_ASM -DAES_ASM' 
./Configure --prefix=/usr/local no-shared enable-tlsext solaris64-x86_64-gcc
make
pfexec make install

Read More

6月

nginx のバージョン 0.7 系が stable になっていたので、サーバソフトウェアのアップデートを行いました。(久しぶりのブログの更新は OpenSolaris 2009.06 について書こうと思ってたんですが、これはまた後で。。。)

インストールしたのは nginx 0.7.59 です。リリースのアナウンスが 25 May 2009 なので、2週間くらい前に出たばかりだったようです。 0.6系と0.7系の間の変更点についてまとまっている資料を探したのですが、見つかりませんでした。

Change Log を見るとかなりの修正箇所があるようですが、大きくまとめると以下の機能が増えているようです。

*) caching of proxied and FastCGI servers;
*) "try_files" directive;
*) the "location" and "server_name" directives support captures in regular expressions;
*) XLST and image filters;
*) a preliminary IPv6 support;
*) nginx/Windows.

WindowsサポートとIPv6、あまり関係なさそう。。。

Read More

11月

nginxからphpを利用するには、FastCGIを有効にしてphpをビルドしておく必要があります。
php-5.2.6 を以下のようにビルドしました。

./configure  
    --with-curl=/usr --enable-fastcgi 
    --enable-mbstring --enable-zend-multibyte 
    --enable-mbregex --with-mysql 
    --with-mcrypt --with-mhash 
    --with-openssl --with-gd 
    --enable-gd-native-ttf --enable-gd-jis-conv 
    --with-jpeg-dir=/usr --with-xpm-dir=/usr 
    --with-freetype-dir=/usr
make
make install

メールで記事を投稿する為に openssl と gd の関係のオプションを追加してます。
openssl は gmail に対して POP で接続する為に、gd はKtai Entryで画像を添付したメールを処理するのに必要でした。

FastCGIのプロセスを以下のように起動します。

/usr/local/bin/php-cgi -q -b 127.0.0.1:9000

127.0.0.1:9000 は FastCGI の接続を待ち受ける IPアドレスとポート番号です。
この値は環境に合わせて別の物に変更する事が可能です。

Read More

10月

前回紹介したnginx.conf についてもう少し掘り下げて説明します。

ログフォーマット

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '"$status" $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for" "$gzip_ratio"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

nginx は良い所のたくさんあるソフトウェアですが、新しいだけに nginx のデフォルトのログフォーマットのままではAWStatsなどのログ解析ソフトに読み込ませる事ができません。そこで Apache の combind フォーマットと同じになるように設定しています。

この設定はGoogleで検索して見つけたのですが、nginx のバージョンが違うのかそのままでは AWStats や Webalizer でエラーになった為、多少変更しています。$request と $status をダブルクォーテーションで囲む必要がありました。

Read More

2 / 3123