8月

AirMac Extreme に買い替えてみた

自宅でルーターとして使っていた安物の無線LAN AP の調子が悪く、頻繁に落ちるようになったので、新しい物に買い替えました。

EAP-TLS の実験もしたかったので、今回は AirMac Extreme にしてみました。

AirMac Extreme はアップル製だけあって設定は簡単で、802.1X EAP-TLS で認証をさせても安定しているようです。それはいいのですが。。。

困った事

アップルの製品は設定が簡単でいいのですが、設定項目が少なく、アップルの想定している使い方からちょっとでも外れるとどうにも出来なくなる事があります。

今回も2点ほど困った点があったので、メモしておきます。

  1. ローカル側のIPアドレスが変更できない。

    AirMac Extreme をルーターとして使用する場合、ローカル側の IPアドレスが 192.168.0.1 のように末尾が 1 に固定されていて、変更することができません。
    ローカルのIPアドレスを設定できないネットワーク機器なんてあるはずないと思い、方法を探してみましたが、解決策は無いようでした。

    うちのネットワークは、これまで 192.168.0.254 のように 254 で終わるアドレスをデフォルトゲートウェイにしていたので、このアドレスが変わると固定アドレスを持っているたくさんのサーバーたちの設定も変更する必要が出てきてめんどくさいんですよね。

    しかたないので、常時起動している Linux に 254 のアドレスを割り当てて、ICMP redirect で正しいデフォルトゲートウェイのアドレスを通知するようにしました。(ついでにキャッシュ用のネームサーバーも立てました。)

    最初は OpenSolaris に ICMP redirect を投げさせようとしたんですが、なぜか出来なかった。。。

  2. ftp のポートマッピング(NAT)で標準以外のポートを使えない

    他の人とデータのやり取りをする為に ftp サーバーを立てていますが、標準のポートで起動させておくと勝手にログインしてこようとする人たちがたくさんいます。パスワードとログの管理がめんどくさいので、これまではルーターで標準以外の別のポートから NAT させていました。

    AirMac Extreme でも同様の設定をしてみたのですが、接続できません。

    アップルのフォーラムでも同様に困っている人はたくさんいるのですが、やはり解決策は無いようでした。

    いろいろと試してみた結果をまとめると

    • ftp 以外の NAT は予想した通りに動作する。
    • プライベートTCPポートを 21 にして、パブリックTCPポートが21以外だと、ルータで止められる。
    • プライベートポート、パブリックポートの双方を 21にすると接続できるようになる。
      ただし、FTP のデータポートを正しく扱えなくなるので、実質的に使えない。

余談その1

実験中に OpenSolaris で動かしている ftpサーバーのポートを変えようとしたが、inetadm ではポートを変更する方法がなかった。。。

しかたがないので、/etc/services を修正して対応。。。

余談その2

Mac OS X 10.7 Lion で EAP を使う場合の設定方法がものすごくシンプルになりました。

どこかで見た事あるなぁ、と思ったら iOS と同じになったみたいです。

1月

前に途中まで書いていた記事をようやく公開。(twitter の書き込みを見ると 2010年10月ごろか)

WordPress はユーザ数が多いだけに、必要なものはたいていプラグインとして用意されている非常に使いやすいCMSだと思いますが、毎回動的にしかページを作れないという点にはちょっと不満を持っていました。

nginx や Vernish などのプロキシサーバを別に立ててキャッシュさせる方法を試そうと思っていたのですが、はまりポイントが多いらしく躊躇していました。そんな時に Really Static というプラグインを見つけたときから、今回の話は始まります。

Really Static プラグインの問題点

Really Static プラグインは、ブログの記事の HTML を PHP の curl 関数でダウンロードして static フォルダの中に置いておき、それ以降は PHP で動的に HTML を作るのではなく、静的な HTML ファイルを返す、といった事をしてくれるプラグインです。ちょうど、Ruby on Rails のページキャッシュみたいなイメージですね。

インストールも設定も難しくなく、HTML のダウンロードも WP-cron で少しずつ行われるため、完全に WordPress 内に閉じた環境で実現できるすぐれたプラグインだと思いますが、(私にとっては)ひとつだけ大きな欠点がありました。

Read More

1月

Snow Leopard で隠しファイルを表示するショートカット

Mac OS X の Finder では先頭が ‘.'(ドット) で始まるファイル名や不可視属性の着いているファイルは表示されませんが、これらの隠しファイルを「開く/保存」ダイアログで表示するショートカットが Snow Leopard で追加されました。

「Command」キー+「Shift」キー+「 . 」(ピリオド)

補足:ファイルの不可視属性の設定方法

これだけだと短すぎるので、不可視属性の設定方法もメモ

SetFile -a V filename

逆に不可視ファイルを表示させるには V を v にします。

11月

Oracle Solaris 11 Expressがようやく公開されました。このブログを動かしている OpenSolaris 2009.06 の次のバージョンは、当初 OpenSolaris 2010.02 になるはずだったので、9ヶ月遅れてのバージョンアップとなりました。

Sun が Oracle に買われて以降、Solaris がどうなるのかハッキリしない状態が続いていたので、新しいバージョンがリリースされた事は良かったと思います。OpenSolais の体制のままで新バージョンがリリースされていれば最高だったんですけどね。

リリースはされましたが、Oracle Solaris 11 Express は snv_151 で、OpenSolaris 2009.06 の snv_111b からは大きく変わっているらしく、一回でアップグレードはできません。一度 snv_134b(キャンセルされていた OpenSolaris 2010.06 になるはずだったバージョンですね)に上げた後で、パッケージリポジトリ(パブリッシャ?)を変更して再度アップグレードを行う必要があるようです。

最終的に Oracle Solaris 11 Express(毎回書くのは長いな、略称は何だろ?)を使うか、OpenIndiana を使うようになるかは分かりませんが、どちらにしろ 134b にアップデートしておく必要はあるみたいです。

134b へのアップデート方法

アップデートはpkg image-updateコマンドで行いますが、先に SUNWipkg パッケージを更新しておく必要があるみたいです。

pfexec pkg install SUNWipkg
pfexec pkg image-update -v --be-name snv_134b

いろいろとパッケージをインストールして遊んでいたので、2時間くらいかかりました。

本番環境をアップグレードする前に VirtualBox に OpenSolaris 2009.06 をインストールして、アップデートの実験は何度もしていたので、この手順自体は問題なく終わりました。svcsコマンドでサービスの起動状況を確認して、maintenance になっているものも無かったので、アップグレードは無事終わったかと思っていましたが、ブログを表示させようとするとこんな感じになっていました。

お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。

Read More

1 / 1212345...10...Last »